消費者金融って危険?

「ご利用は計画的に」という言葉の通り、消費者金融でお金を借りる場合は借入金と返済可能額のバランスをしっかりと取っていくことが必要です。自分の通常の収入はもちろんですが、他社での借り入れの有無や金額、毎月の返済額が道理にかなっているかなど多角的に考えて借り入れするかどうか、いくら借り入れるかを決める必要があります。一方で返済のためにしっかりした計画を立てて用いると消費者金融のサービスはいざというときの強い味方ともなってくれます。どんなものでもそうですが利用の仕方一つで便利なものにも、危険なものにもなりうるというわけです。

ここしばらく特にラジオCMなどで過払い金の返還請求に関する情報がよく取り上げられていましたが、以前消費者金融などで規定を超える利率で返済をしていたケースがあり、そのような場合には払いすぎた分を返還するように申し立てできるというものです。こうしたニュースを聞くとやはり消費者金融は危ないと思うかもしれませんが、現在ではきちんと国で定められた利率が守られて貸金業務が行われていますし、当人の年収の三分の一までしか貸し付けできない総量規制というものもされていますので、以前のように自分の資力を遥かに超えた金額を借り入れるという危険はシステム的になくなっています