24時間取引可能?

大手の消費者金融業者になると日中連絡したり申し込みをしたりする時間が取れない人のために24時間対応してくれるサービスの良い業者もあります。とにかく速く手続きを進めたいのならこうした業者を選ぶのも一つの手です。ウェブ審査などを利用した24時間いつでも申し込み可能な業者もあるので、自分のライフスタイルに合ったところを選びましょう。実際にカード作成したら、借り入れ自体はどのような時間帯にできるのでしょうか。

金融機関への振り込みによる借り入れは当然日中でないと反映されませんが、ATMを使用したキャッシングであれば実質オールタイムで融資が可能です。もちろんATMでも取り引きができない時間帯というのが厳密に言うと存在するはずです。それが夜中の一時間くらいなのか、数時間なのか業者によっても変わってきますので、消費者金融のカードを作る時にはATMによる借り入れ可能な時間帯が正確にいつなのかしっかりと確認しておきましょう。短時間で申し込みからカード発行までできて、実際の借り入れも迅速にできるので、以前と比べると消費者金融でお金を借りるという行為自体のハードルが下がっていると思います。計画的な利用で上手にお金を借りるようにしましょう。


金融業者選び

では数ある消費者金融業者からどのようにして業者を選べばよいのでしょうか。実際のところ細かなこだわりやサービスへの要求がなければ、「CMで見たことあるところだから」とか「友人もここで借りたから」などで選ぶのも良いかもしれません。そのような要素をある程度自分の中での安心感にして借り入れをおこなっている人もいるのではないでしょうか。一方金利やその他のサービスの面で明確に求めるものがあるのであれば、しっかりと調べて自分の希望にマッチした業者を選ぶ必要があります。さもなければ期待した結果が得られなかったり、無駄に消費者金融のカードが増えてしまったりといった結果になる可能性もあります。

例えば即日の融資、もしくは即日が無理でもなるべく早く借り入れを実行したいと考えて消費者金融のホームページを見ている人が、収入証明書の提出がマストな業者を選んでしまうと、それだけで申込時の手間や揃える書類が増えてしまい、自分が期待しているような迅速な借り入れは実現できないでしょう。消費者金融業者もバラエティに富んだサービスを展開していますので、自分の希望借り入れの仕方だとどの業者が便利なのか、比較サイトなども参考にしながら見つけてみましょう。


消費者金融って危険?

「ご利用は計画的に」という言葉の通り、消費者金融でお金を借りる場合は借入金と返済可能額のバランスをしっかりと取っていくことが必要です。自分の通常の収入はもちろんですが、他社での借り入れの有無や金額、毎月の返済額が道理にかなっているかなど多角的に考えて借り入れするかどうか、いくら借り入れるかを決める必要があります。一方で返済のためにしっかりした計画を立てて用いると消費者金融のサービスはいざというときの強い味方ともなってくれます。どんなものでもそうですが利用の仕方一つで便利なものにも、危険なものにもなりうるというわけです。

ここしばらく特にラジオCMなどで過払い金の返還請求に関する情報がよく取り上げられていましたが、以前消費者金融などで規定を超える利率で返済をしていたケースがあり、そのような場合には払いすぎた分を返還するように申し立てできるというものです。こうしたニュースを聞くとやはり消費者金融は危ないと思うかもしれませんが、現在ではきちんと国で定められた利率が守られて貸金業務が行われていますし、当人の年収の三分の一までしか貸し付けできない総量規制というものもされていますので、以前のように自分の資力を遥かに超えた金額を借り入れるという危険はシステム的になくなっています。


眠らない消費者金融

消費者金融と聞くと皆さんはどのようなイメージを持っておられるでしょうか。もしかしたらちょっとブラックなイメージを抱いている人も少なくないかもしれません。しかしここで言う消費者金融をいわゆる闇金などと同じように考えないように気をつけてください。闇金とは法律で定められた利率以上で貸金をする違法な業者ですが、普通の消費者金融はきちんと法律に従って営業をする貸金業者です。貸金業者というのはさまざまな形を取るので消費者金融という単語だけ聞いてもいまいち具体的なイメージが湧かないかもしれませんが、カードローンなどで世の中に広く知られるようになった会社も多くあります。印象的なCMを作って有名になった業者もいます。

多くの場合大手銀行系のカードローンなどよりも審査が通りやすくカードが持ちやすいというイメージがあるために、なにかの都合で借り入れが必要になった人にとって利用しやすいものとなっていると思います。消費者金融業者も窓口などが開いているのは当然通常の時間内になっていますが、最近では直接窓口でカードを作りに行くというケースのほうが珍しく、インターネットでいつでも申し込みなどが可能となっています。また借り入れ自体もATMなどでおこなえるので、実質曜日や時間帯というものはあまり大きな影響を及ばさなくなっているようです。しかし計画的に用いなければ消費者金融でお金を借りることは思わぬ罠となる場合もあるようです。